PP加工、ラミネート加工、プレス加工、光沢加工専門の高品質表面加工会社 - 日高ビニール

〒340-0835 埼玉県八潮市浮塚648 TEL (048)995-1400

FAX (048)995-7654

// PP加工

特注ラミネート機を使用、他社では対応困難な両面PP加工も対応

当社特注ラミネート機を用いたPP加工は、印刷物のカールの発生と静電気の発生を軽減します。他社では対応困難な薄紙の両面PP加工(アート紙四六90K、ユポ#150)の対応も可能です。より正確に、柔軟に、美しい仕上がりを実現すべく、常に品質向上に努めております。

workimg02

一般的なサーマルラミネート機の流れ

一般的なサーマルラミネート機を用いた通常のPP加工は、印刷物とフィルムを圧着させると同時に加熱するため、フィルムが縮小してしまいます。

当社特注ラミネート機

当社の特注ラミネート機を用いたPP加工は、あらかじめフィルムを加熱することにより、先にフィルムを縮ませます。その後に印刷物を圧着するため、カールの度合いが軽減します。

また、一般的なサーマルラミネート機よりも低温での加工が可能なため、通常のPP加工ではカールが発生しやすいアート紙両面貼でのトラブルも少なく、静電気を軽減することが可能です。他社では対応しづらいユポ(#150以上)両面貼も対応可能となっています。

更に、圧着されてからカッターが入るまでの間隔が長くなっており、その間に加熱された紙を少しでも冷ますことができるため、ブロッキング等を防ぐことができます。

工場内には二機のミスト(加湿器)が取り付けられており、特に冬場には空気の乾燥による静電気や加工ジワ等を防ぎます。

主な用途

書籍・雑誌の表紙やカバー、POP、ディスプレイケース、下敷き等

弊社強み

他社とは仕上がりの綺麗さが違います。その理由とは?

  • カールを軽減します
  • 静電気の発生を抑制します
  • アート紙両面加工でのトラブルを軽減します(四六、90Kでも可能)
  • ユポ#150両面加工が対応可能です
  • ブロッキングを防止します

可能加工一覧

グロスPP(片面コロナ処理、両面コロナ処理)、マットPP、易接着グロスPP、易接着マットPP、耐摩マットPP、ベルベット調(ビロード調)マットPP、PET貼、和紙ラミタック(雲竜、プレーン)、ホローラミタック(6種類)、エンボス調PP貼(2種類)

お客様に「高付加価値」の印刷を。